« 国土交通省、大型貨物自動車の速度抑制装置の装着に関する経過措置期間の終了 | トップページ | 環境によい電車 »

2006年9月 3日 (日)

米国国立がん研究所、体外でガン攻撃のT細胞を培養する治療技術を発表

 皮膚癌の一つ悪性黒色腫(メラノーマ)で効果があったとのこと。他の癌に対しても同じ方法での効果が期待されています。
 もともと体内にある抗癌の仕組みを利用しているので患者への負担も少ないのかな?
●関連記事
がん「攻撃部隊」体外で育成 米グループが新治療法(2006年09月02日06時51分)(asahi.com:暮らし)
●関連URL
National Cancer Institute(NCI:米国国立がん研究所)
New Method of Gene Therapy Alters Immune Cells for Treatment of Advanced Melanoma; Technique May Also Apply to Other Common Cancers(08/31/2006)

|

« 国土交通省、大型貨物自動車の速度抑制装置の装着に関する経過措置期間の終了 | トップページ | 環境によい電車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/11745224

この記事へのトラックバック一覧です: 米国国立がん研究所、体外でガン攻撃のT細胞を培養する治療技術を発表:

» 癌予防には、これが一番? [アロエ!〜その驚異のパワー〜]
アロエ!〜その驚異のパワー〜@houbuntarouです。はじめまして、今後とも、どうぞ、一つ、よろしくお願いします。 [続きを読む]

受信: 2006年9月 9日 (土) 23時21分

« 国土交通省、大型貨物自動車の速度抑制装置の装着に関する経過措置期間の終了 | トップページ | 環境によい電車 »