« 米国、遂に先発明主義から出願優先へ | トップページ | マイクロソフト、2006年09月月例外アップデートリリース »

2006年9月27日 (水)

JAXA、中型のGXロケットが設計見直しのために追加予算発生と完成目標の5年延期。。

 GXロケット2段目のエンジン開発に手間取っているようです。ついに設計見直しまで発展してしまったとのこと。
 M-V-7ロケットの打ち上げが終わった後に意図して報告したのかな?でないと、完成するまでの間はM-Vロケットを存続させようという話が出かねないですからね。
 追加予算の250億で完成するかどうかは、当然のごとく出来てみないと判らないわけです。それに、完成目標が最低で5年遅れの2010年となることですが、GXロケットに乗せる衛星の予定はどうなっているのかなぁ?
●関連記事
「GX」ロケット追加、開発費250億(2006年9月26日23時9分)(科学 : YOMIURI ONLINE)
●関連URL
ギャラクシーエクスプレス
GXロケット(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

|

« 米国、遂に先発明主義から出願優先へ | トップページ | マイクロソフト、2006年09月月例外アップデートリリース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/12065456

この記事へのトラックバック一覧です: JAXA、中型のGXロケットが設計見直しのために追加予算発生と完成目標の5年延期。。:

« 米国、遂に先発明主義から出願優先へ | トップページ | マイクロソフト、2006年09月月例外アップデートリリース »