« 高齢者ドライバーサポートシステムのモニターを募集 | トップページ | 東京駅復元工事、米国の横やりで、競争入札に変更、完成が先延ばしに »

2006年8月 3日 (木)

中国、狂犬病対策で手当たり次第に犬を虐殺

 ・・・中国だなぁ。
●関連記事
イヌ5万匹を処分、狂犬病予防で 中国・雲南省(2006.08.01 16:09 JST)(CNN.co.jp : サイエンス)

|

« 高齢者ドライバーサポートシステムのモニターを募集 | トップページ | 東京駅復元工事、米国の横やりで、競争入札に変更、完成が先延ばしに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/11237651

この記事へのトラックバック一覧です: 中国、狂犬病対策で手当たり次第に犬を虐殺:

» BLOG IT! from 狂犬病で死亡16人、中国・済寧市でも「犬狩り」 : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) [ペットのいるライフスタイル]
先日の残念なニュースに引き続き、別の地区でも同じような行為が始まっているそうです。 新華社電によると、同市で今年、狂犬病で死亡した人は16人に上る。同電は、狂犬病が「生産、生活、社会の安定に重大な影響を及ぼしている」と報じた。済寧市の犬の総数は50万匹前後という。16か村周辺で殺される犬の数は不明。  中国では、狂犬病の脅威は深刻で、昨年は2545人が死亡した。伝染病では、肺結核の6713人に次いで多い。ただ、犬の大量抹殺で狂犬病被害を防ごうとする姿勢には、中国国内でも疑問の声が上がって... [続きを読む]

受信: 2006年8月 5日 (土) 13時08分

« 高齢者ドライバーサポートシステムのモニターを募集 | トップページ | 東京駅復元工事、米国の横やりで、競争入札に変更、完成が先延ばしに »