« Google、Google Calendarの日本語化が進む? | トップページ | JAXA,NASA、2008年共同で地球のCO2観測へ »

2006年8月22日 (火)

高温超伝導の原因、磁気共鳴説とフォノン説で対決

 米Oak Ridge National Laboratoryの研究チームは磁気共鳴(スピン共鳴)。
 米Cornell University(コーネル大学)の研究チームはフォノン。
 
 どちらが正しいか興味深いですね。解明されると、常温超伝導物質の新規生成が一気に進む可能性があります。
●関連記事
フォノンこそが高温超伝導の原因、コーネル大学らが磁気共鳴説に反論(2006/08/16)(eetimes.jp)

|

« Google、Google Calendarの日本語化が進む? | トップページ | JAXA,NASA、2008年共同で地球のCO2観測へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/11552873

この記事へのトラックバック一覧です: 高温超伝導の原因、磁気共鳴説とフォノン説で対決:

« Google、Google Calendarの日本語化が進む? | トップページ | JAXA,NASA、2008年共同で地球のCO2観測へ »