« 海洋研究開発機構、三陸沖にプレートの割れ目からしみ出し型の新型火山を発見 | トップページ | 都心建築物の壁面緑化が進む »

2006年7月31日 (月)

正露丸の包装の類似訴訟

 正露丸の名称は一般名称として扱われています。が、梱包のデザインは・・・なんでここまで似たものが氾濫しているのでしょうか?
 で、今回の裁判所の訴訟棄却の理由が全く理解できないです。
●関連記事
「正露丸」包装似ない…大幸薬品の差し止め請求棄却(2006年7月28日1時42分)(社会 : YOMIURI ONLINE)
正露丸訴訟“終戦”せず…ラッパの大幸薬品「控訴だ」 (2006/07/28)(ZAKZAK)
「ラッパとひょうたん、図柄異なる」 正露丸訴訟で大阪地裁判決(07/27 21:16)(Sankei Web 社会)
●関連URL
正露丸(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

|

« 海洋研究開発機構、三陸沖にプレートの割れ目からしみ出し型の新型火山を発見 | トップページ | 都心建築物の壁面緑化が進む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/11172370

この記事へのトラックバック一覧です: 正露丸の包装の類似訴訟:

« 海洋研究開発機構、三陸沖にプレートの割れ目からしみ出し型の新型火山を発見 | トップページ | 都心建築物の壁面緑化が進む »