« 水から水素を抜き出して燃料にする燃料電池 | トップページ | JAXA,NiCT、7月25日マイクロオリーブ実験写真のリアルタイム配信実験 »

2006年7月25日 (火)

日本原子力研究開発機構、中・低レベル放射性物質中のプルトニウム検出技術の開発へ

 日本原子力研究開発機構と米エネルギー省とが共同で開発を行うそうです。
 現在の技術では、放射性物質中に含まれるプルトニウムを高精度に検出することが出来ないので、放射性廃棄物に含まれるプルトニウムの監視を行えるようにするためとのこと。
●関連記事
プルトニウム「核転用」監視の新技術、日米で開発へ(2006年7月22日11時58分)(科学 : YOMIURI ONLINE)
●関連URL
独立行政法人 日本原子力研究開発機構 ホームページ

|

« 水から水素を抜き出して燃料にする燃料電池 | トップページ | JAXA,NiCT、7月25日マイクロオリーブ実験写真のリアルタイム配信実験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/11090757

この記事へのトラックバック一覧です: 日本原子力研究開発機構、中・低レベル放射性物質中のプルトニウム検出技術の開発へ:

« 水から水素を抜き出して燃料にする燃料電池 | トップページ | JAXA,NiCT、7月25日マイクロオリーブ実験写真のリアルタイム配信実験 »