« 定形小包郵便で振り込ませる振込み現金詐取が増加中 | トップページ | JavaScriptを悪用した攻撃手法が見つかる? »

2006年7月29日 (土)

秋田大学、弱い電流を流すと傷の回復したり広がったり

 傷口が治癒するときに体内の微弱な電流が関与しているとのこと。
 その電流の流れる方向に人工的に微弱電流を流すと傷口の修復が早まり、逆方向へ電流を流すと傷口が広がってしまったそうです。
●関連記事
弱い電流で傷の回復早まる・秋田大など仕組み解明(16:01)(NIKKEI NET:社会)
傷の回復に電流が関与、早く直す方法できる?(2006年07月27日17時15分)(asahi.com:サイエンス)
●関連URL
秋田大 学大学院医学研究科 分子医科学分野(鈴木 聡:分子医科学教授)()
秋田大学医学部医学科 病理病態医学講座:旧 微生物学講座(佐々木雄彦:教授)

|

« 定形小包郵便で振り込ませる振込み現金詐取が増加中 | トップページ | JavaScriptを悪用した攻撃手法が見つかる? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/11145867

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田大学、弱い電流を流すと傷の回復したり広がったり:

« 定形小包郵便で振り込ませる振込み現金詐取が増加中 | トップページ | JavaScriptを悪用した攻撃手法が見つかる? »