« ベターホーム協会、食品保存の知恵の本を頒布へ | トップページ | 正露丸の包装の類似訴訟 »

2006年7月31日 (月)

海洋研究開発機構、三陸沖にプレートの割れ目からしみ出し型の新型火山を発見

 通常、海底火山が出来ないところにある火山群を発見したとのこと。
●関連記事
三陸沖にマグマしみ出し型の新型火山 海洋機構など発見(2006年07月28日06時05分)(asahi.com:サイエンス)
三陸沖に新種の海底火山発見 プレート亀裂からマグマ(07/28 12:00)(Sankei Web 社会)
●関連URL
太平洋プレートの屈曲に伴う新しいタイプの火山の発見(平成18年7月27日)(独立行政法人海洋研究開発機構)

|

« ベターホーム協会、食品保存の知恵の本を頒布へ | トップページ | 正露丸の包装の類似訴訟 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/11172346

この記事へのトラックバック一覧です: 海洋研究開発機構、三陸沖にプレートの割れ目からしみ出し型の新型火山を発見:

« ベターホーム協会、食品保存の知恵の本を頒布へ | トップページ | 正露丸の包装の類似訴訟 »