« 日本近海に2種類のマンボウが生息の可能性 | トップページ | 乾電池での有人飛行に成功 »

2006年7月18日 (火)

改正道交法、違反者の対応・・

 違反したとき、出頭して反則金と違反点数が加算されますが、名乗りでずに車両持ち主が放置違反金を納付する場合は違反点数が付かないので、放置違反金を支払う人が増えているそうです。
放置違反金の場合、運転者の特定が出来ないため、違反点数が付かないのですが、運転できなくなるよりはお金を払って・・ということですか。。

 また、不公平と言われていた郵便集配も小包に関しては駐禁取締対象になるそうです。通常の郵便は公共性が高いので取り敢えず先送りのよう。
でも、現実には小包と郵便を混在して集配していくので、どのように対応するのか注目されます。
 道路交通法としては許可された場所以外での駐車は原則出来ないと成っているので、郵便局の集配もそのルールに沿う形になるのでしょうね。
●関連記事
ステッカー貼られても出頭しない---施行状況に明確に現れる(2006年7月13日)(Response.)
郵便集配も、民間なみに駐車禁止を取締り(2006年7月14日)(Response.)
日本郵政公社「道交法の精神に沿うのがとるべき姿」(2006年7月14日)(Response.)
小包郵便の分離は、料金に跳ね返る!? ---違法駐車を取り締まる(2006年7月14日)(Response.)
●関連URL
日本郵政公社

|

« 日本近海に2種類のマンボウが生息の可能性 | トップページ | 乾電池での有人飛行に成功 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/10990676

この記事へのトラックバック一覧です: 改正道交法、違反者の対応・・:

« 日本近海に2種類のマンボウが生息の可能性 | トップページ | 乾電池での有人飛行に成功 »