« 環境省、国立・国定公園特別地域でも捕獲規制 | トップページ | 大阪の患者団体、脳脊髄液減少症の実態調査へ »

2006年7月18日 (火)

環境省、環境ホルモンのうち36種類は人間には無害

 環境省「化学物質の内分泌かく乱作用に関する検討会」は、環境ホルモンの内、化学物質36種について、ほ乳類に影響が無く、人体に影響はないと結論付けたとのこと。
 
 あくまで、「現状では」という認識は持っていた方が良いと思います。将来問題が見つかるかもしれない危険性はあるので、使用せずにすむのなら出来るだけ回避した方が良いですね。
●関連記事
環境ホルモン:化学物質36種類「人に作用する恐れない」(2006年7月10日 21時03分)(科学:MSN毎日インタラクティブ)
●関連URL
化学物質の内分泌かく乱作用について(環境省)

|

« 環境省、国立・国定公園特別地域でも捕獲規制 | トップページ | 大阪の患者団体、脳脊髄液減少症の実態調査へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/10990771

この記事へのトラックバック一覧です: 環境省、環境ホルモンのうち36種類は人間には無害 :

» MSDS制度とは? [RoHS 規制物質の対応実例ならここ!]
MSDS制度の内容を説明。環境問題のRoHS指令の対応サイトです。 [続きを読む]

受信: 2006年7月30日 (日) 19時26分

« 環境省、国立・国定公園特別地域でも捕獲規制 | トップページ | 大阪の患者団体、脳脊髄液減少症の実態調査へ »