« マイクロソフト、IEから利用できるOffice 2007第2ベータ版を公開へ | トップページ | Microsoft、WinFSの開発を中止 »

2006年6月30日 (金)

マイクロソフト、海賊版対策ツールWGAの正式版を提供開始

 現状は英語版のみのようです。
 非難を浴びていた、定期的(最初はログインごと)に設定をチェックしマイクロソフトに送信する機能は削除され、アンインストール方法も紹介されているとのこと。

 安全に削除したい場合、どうすればいいのかなぁ。。
 
 で、重要なアップデートの中には相変わらず入っているそうな。。。。
●関連記事
スパイウェア疑惑のMSツールがアップデート(2006年06月28日 08時23分)(ITmedia News)
マイクロソフト、海賊版対策ソフト「WGA」の削除方法を提示(2006/06/28 09:54)(CNET Japan)
6月のMS月例セキュリティパッチを総括――Windows Updateの信頼性に影(2006年06月28日 07時00分)(ITmedia エンタープライズ)
「Windows Genuine Advantage」が今や「Disadvantage(不利益)」に(2006/06/29)(ITpro)
「MSのWGAはスパイウェア規制法違反」と集団訴訟(2006年06月30日 10時26分)(ITmedia News)
●関連URL
正規の Microsoft ソフトウェア(マイクロソフト)
Windows Genuine Advantage (正規 Windows 推奨プログラム) について(文章番号:892130)(マイクロソフト サポート ホーム)
許可せず、または Microsoft Windows Genuine Advantage通知 のパイロット版をアンインストールする方法方法には(文章番号:921914)(2006年6月27日)(マイクロソフト サポート ホーム)

|

« マイクロソフト、IEから利用できるOffice 2007第2ベータ版を公開へ | トップページ | Microsoft、WinFSの開発を中止 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/10731212

この記事へのトラックバック一覧です: マイクロソフト、海賊版対策ツールWGAの正式版を提供開始:

« マイクロソフト、IEから利用できるOffice 2007第2ベータ版を公開へ | トップページ | Microsoft、WinFSの開発を中止 »