« 環境省、2030年までにガソリンとバイオエタノール混合に転換の方針 | トップページ | 厚生労働省、ドクターヘリ利用で医療保険適用を検討 »

2006年6月13日 (火)

エチゼンクラゲの大量発生、中国の三峡ダム開発もの関連を調査

 国立環境研究所は、大規模ダム開発とエチゼンクラゲの大量発生との因果関係の調査を開始するそうです。
 ドナウ川でも大規模ダム開発で河口付近の黒海で赤潮やクラゲの発生が確認されているそうです。
●関連記事
エチゼンクラゲ:大量発生、中国の三峡ダム開発も一因?(2006年6月10日 15時00分)(科学:MSN毎日インタラクティブ)
●関連URL
国立環境研究所

|

« 環境省、2030年までにガソリンとバイオエタノール混合に転換の方針 | トップページ | 厚生労働省、ドクターヘリ利用で医療保険適用を検討 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/10504432

この記事へのトラックバック一覧です: エチゼンクラゲの大量発生、中国の三峡ダム開発もの関連を調査:

« 環境省、2030年までにガソリンとバイオエタノール混合に転換の方針 | トップページ | 厚生労働省、ドクターヘリ利用で医療保険適用を検討 »