« 若いウミガメが日本近海で増加 | トップページ | アルコール性肝硬変の予防にコーヒーが有効 »

2006年6月15日 (木)

琵琶湖のコイ、細身のコイは新種の可能性

 琵琶湖のコイは、一般的なコイと細身のコイの2種類いるのが知られていますが、細身のコイは新種の可能性があるとのこと。
 また、コイとしては古代型で、コイの種類全体としても珍しいとのこと。

 細身のコイは日本の在来種で、一般的なコイは外国産の飼育コイとのこと。
 とても貴重な種のようなので、適切な保護が期待されます。
●関連記事
細身のコイ、新種か 琵琶湖に生息(06/15 01:51)(Sankei Web 社会)
●関連URL
神奈川県立生命の星・地球博物館(瀬能宏主任研究員)
東京大学海洋研究所
東京大学海洋研究所 海洋生命科学部門 分子海洋科学分野 西田研究室 Nishida Lab(西田 睦 教授の研究室の馬渕 浩司 研究機関研究員)

|

« 若いウミガメが日本近海で増加 | トップページ | アルコール性肝硬変の予防にコーヒーが有効 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/10531577

この記事へのトラックバック一覧です: 琵琶湖のコイ、細身のコイは新種の可能性:

« 若いウミガメが日本近海で増加 | トップページ | アルコール性肝硬変の予防にコーヒーが有効 »