« 理化学研究所、アレルギーの引き金引く細胞を特定 | トップページ | 川崎重工、カンボジアで地雷除去システム「ブルドック」の実証実験へ »

2006年6月23日 (金)

脳の網膜で、睡眠ホルモンが生成される

 脳の網膜で睡眠物質「プロスタグランジンD2(PGD2)」が生成されるそうです。これは、自然な眠りを調整する役割があるそうです。
 睡眠薬や睡眠防止薬の開発に応用が期待されているとのこと。
●関連記事
自然な眠りを導く脳内物質を確認 大阪バイオ研(2006年06月21日)(asahi.com:サイエンス)
●関連URL
大阪バイオサイエンス研究所(OBI)
OBI分子行動生物学(早石修:特別嘱託研究員兼任、OBI理事長 名誉所長)

|

« 理化学研究所、アレルギーの引き金引く細胞を特定 | トップページ | 川崎重工、カンボジアで地雷除去システム「ブルドック」の実証実験へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/10642362

この記事へのトラックバック一覧です: 脳の網膜で、睡眠ホルモンが生成される:

« 理化学研究所、アレルギーの引き金引く細胞を特定 | トップページ | 川崎重工、カンボジアで地雷除去システム「ブルドック」の実証実験へ »