« WHO調査、少女の喫煙が世界的に急増 | トップページ | 東京医大学、未知の細胞持つ微生物を発見 »

2006年6月 1日 (木)

国立病院機構 近畿中央胸部疾患センター、BCGより1千倍効く結核新ワクチンを開発

 単独利用で1千倍,BCGとの併用だと1万倍の効果があるそうです。
●関連記事
BCGより1千倍効く結核新ワクチン 学会で発表へ(2006年05月31日16時47分)(asahi.com:暮らし)
●関連URL
近畿中央胸部疾患センターホームページ

|

« WHO調査、少女の喫煙が世界的に急増 | トップページ | 東京医大学、未知の細胞持つ微生物を発見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/10340784

この記事へのトラックバック一覧です: 国立病院機構 近畿中央胸部疾患センター、BCGより1千倍効く結核新ワクチンを開発:

« WHO調査、少女の喫煙が世界的に急増 | トップページ | 東京医大学、未知の細胞持つ微生物を発見 »