« 新核燃料の燃焼実験、高速実験炉「常陽」で2006年05月26日から実施へ | トップページ | 海洋研究開発機構、無人潜水機「うらしま」の後継機の開発へ »

2006年5月24日 (水)

魚の代理母、アジからマグロの卵を産卵の可能性

 魚の場合、種が違っても代理母ができる可能性があるそうです、代理母に適した魚がいるのかな?
 
 絶滅が危惧されている魚の保存に役立つとしていますが、生まれてきた稚魚を育てられないと種の保存とはならないですね。
 絶滅というと、大衆魚だったマイワシがいまは高級魚なんだそうで、、、
●関連記事
東京テクノ・フォーラム、「アジからマグロ」の講演(2006年5月22日19時44分)(科学 : YOMIURI ONLINE)
マイワシも高級魚、築地で1匹1200円前後に(16:00)(NIKKEI NET:主要)
イワシ1匹1200円?!消えゆく庶民の味(2006年5月25日16時3分)(社会 : YOMIURI ONLINE)
●関連URL
東京テクノ・フォーラム21
吉崎悟朗 助教授(東京海洋大学 海洋科学部)

|

« 新核燃料の燃焼実験、高速実験炉「常陽」で2006年05月26日から実施へ | トップページ | 海洋研究開発機構、無人潜水機「うらしま」の後継機の開発へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/10216101

この記事へのトラックバック一覧です: 魚の代理母、アジからマグロの卵を産卵の可能性:

« 新核燃料の燃焼実験、高速実験炉「常陽」で2006年05月26日から実施へ | トップページ | 海洋研究開発機構、無人潜水機「うらしま」の後継機の開発へ »