« NTT、世界最短波長の遠紫外発光LEDを開発 | トップページ | 政府、ネットオークションでの模倣品・海賊版取引の防止に出品者の個人情報開示案 »

2006年5月20日 (土)

ヒトとチンパンジー、交雑を繰り返した後に分岐?

 ハーバード大学等の研究チームが研究結果を発表したとのこと。
 現在の定説は、650~740万年前に短期間?でヒトとチンパンジーが分岐していったと考えられています。
それに対して、540万年前に最終的に分岐するまでに何度も交雑を繰り返していたという説です。
 現在見つかっている初期の原人の化石は、この説によるとチンパンジーとの交雑を繰り返していた時期の物になります。

 この説が正しいかどうかは兎も角、進化の過程で種が分岐するとき、一気に分岐する説が割と多いですが、交雑を繰り返して分岐したとなると人とチンパンジーの中間の猿人のような種もいたということかな?今も生き残っていたりして。
●関連記事
ヒトとチンパンジーの祖先、いったん分岐して交雑?(2006年5月18日3時6分)(科学 : YOMIURI ONLINE)

|

« NTT、世界最短波長の遠紫外発光LEDを開発 | トップページ | 政府、ネットオークションでの模倣品・海賊版取引の防止に出品者の個人情報開示案 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/10151255

この記事へのトラックバック一覧です: ヒトとチンパンジー、交雑を繰り返した後に分岐?:

« NTT、世界最短波長の遠紫外発光LEDを開発 | トップページ | 政府、ネットオークションでの模倣品・海賊版取引の防止に出品者の個人情報開示案 »