« JR西日本も、福知山線脱線事故の保存展示施設を開設へ | トップページ | 天然痘ウイルスの廃棄期限で米国とアフリカ諸国で対立 »

2006年5月23日 (火)

ブラジルと犯罪人引き渡し条約の締結検討

 ブラジル人が日本で犯罪を起こしブラジルに逃亡する事件が急増していることに対応して。
 ブラジルでは犯罪者の国外への引き渡し禁止となっているのを悪用しているためです。

 ブラジル側も日本との関係悪化を懸念して積極的に検討に参加している模様。具体的には日韓犯罪人引き渡し条約のように容疑者の引き渡しを拒否した場合 自国内で裁く方向にもっていく可能性が高いようです。
●関連記事
犯罪人引き渡し条約、ブラジルと締結検討…逃亡犯急増(2006年5月22日15時29分)(政治 : YOMIURI ONLINE)

|

« JR西日本も、福知山線脱線事故の保存展示施設を開設へ | トップページ | 天然痘ウイルスの廃棄期限で米国とアフリカ諸国で対立 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/10199335

この記事へのトラックバック一覧です: ブラジルと犯罪人引き渡し条約の締結検討:

« JR西日本も、福知山線脱線事故の保存展示施設を開設へ | トップページ | 天然痘ウイルスの廃棄期限で米国とアフリカ諸国で対立 »