« PSE問題を契機にリサイクル業者が全国組織を結成 | トップページ | 火災警報器の悪質販売が増加 »

2006年5月10日 (水)

船舶の「アイドリングストップ」実験

 停泊中の船舶が船内設備の稼働のためにエンジンを掛けて発電するのを、陸上から電力供給することで、排出ガスを減らそうと言う試み。また、コスト削減にも繋がるかもしれません。
 2006年秋から東海汽船の東京~三宅島~御蔵島~八丈島を運行している大型客船「さるびあ丸」で実験を実施するとのこと。
●関連記事
船舶も「アイドリングストップ」今秋から実験(05/09 01:39)Sankei Web 社会)
●関連URL
国土交通省ホームページへようこそ!
環境省へようこそ!

|

« PSE問題を契機にリサイクル業者が全国組織を結成 | トップページ | 火災警報器の悪質販売が増加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/10000377

この記事へのトラックバック一覧です: 船舶の「アイドリングストップ」実験:

« PSE問題を契機にリサイクル業者が全国組織を結成 | トップページ | 火災警報器の悪質販売が増加 »