« インドネシアで鳥インフルエンザの人から人へ感染の可能性が | トップページ | 宇宙旅行に着る服のデザインコンテスト上位10作品発表 »

2006年5月26日 (金)

東大、脳細胞「勘が鈍る」仕組みを分子レベルで立証

 毎日継続的な練習をしないと勘が鈍る・・うわぁ。
●関連記事
「勘が鈍る」分子レベルで立証 東大、仕組み解明(2006年05月25日13時54分)(asahi.com:サイエンス)
●関連URL
東京大学大学院 医学系研究科 細胞分子薬理学教室(飯野正光教授)

|

« インドネシアで鳥インフルエンザの人から人へ感染の可能性が | トップページ | 宇宙旅行に着る服のデザインコンテスト上位10作品発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/10243927

この記事へのトラックバック一覧です: 東大、脳細胞「勘が鈍る」仕組みを分子レベルで立証:

« インドネシアで鳥インフルエンザの人から人へ感染の可能性が | トップページ | 宇宙旅行に着る服のデザインコンテスト上位10作品発表 »