« JR東日本、事故時の改札をSuicaで通過できにように2006年03月よりシステム変更へ | トップページ | JR西日本も、福知山線脱線事故の保存展示施設を開設へ »

2006年5月22日 (月)

防犯ブザーの音色を統一の動き

 最近の子供を狙った凶悪犯罪の増加にともなって、防犯グッズが広く売られるようになりました。
 このなかで、防犯ブザーがメーカー毎に音色音量がバラバラで、周囲へのアピール効果が薄くなってしまっているとのこと。
 警察庁、経済産業省、文部科学省、電池工業会(防犯ブザーの業界団体)などが音色,音量,使用方法などの統一基準について作成に着手したとのこと。
●関連記事
「防犯ブザー」音色バラバラ…困惑も 警察庁など統一の動き(05/18 13:13)(Sankei Web 生活・文化)

|

« JR東日本、事故時の改札をSuicaで通過できにように2006年03月よりシステム変更へ | トップページ | JR西日本も、福知山線脱線事故の保存展示施設を開設へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/10182551

この記事へのトラックバック一覧です: 防犯ブザーの音色を統一の動き:

» 防犯活動に協力!営業職員が笛を常時携帯で防犯活動 [防犯対策で安全安心を!☆ホームセキュリティで安全安心☆]
明治安田生命保険は今月から、 全国約1500の営業拠点の従業員約3万3000人が 「地域で守ろう!子どもの安全」と書かれた防犯プレートと 防犯笛の常時携帯を始めたそうです。 [続きを読む]

受信: 2006年6月 9日 (金) 00時48分

« JR東日本、事故時の改札をSuicaで通過できにように2006年03月よりシステム変更へ | トップページ | JR西日本も、福知山線脱線事故の保存展示施設を開設へ »