« 米国産牛肉、6月にも輸入再開決定へ | トップページ | ヒトとチンパンジー、交雑を繰り返した後に分岐? »

2006年5月20日 (土)

NTT、世界最短波長の遠紫外発光LEDを開発

 次次世代のDVDや、ダイオキシン,PCB等の有害物質分解などへの応用が期待されています。
 まだ、発光が出来た段階で実用化は先のようですね。
●関連記事
世界最短波長のLED開発、DVD大容量化も…NTT(2006年5月18日3時10分)(科学 : YOMIURI ONLINE)
発光ダイオード:新しい「紫外線型」開発 NTT物性研(2006年5月18日 10時44分)(科学:MSN毎日インタラクティブ)
●関連URL
NTT BASIC RESEARCH LABORATORIES(NTT物性科学基礎研究所)
世界最短波長210nmの遠紫外発光ダイオードの動作に成功~ダイオキシン、PCB分解装置などに応用へ~(2006年5月17日)

|

« 米国産牛肉、6月にも輸入再開決定へ | トップページ | ヒトとチンパンジー、交雑を繰り返した後に分岐? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/10151250

この記事へのトラックバック一覧です: NTT、世界最短波長の遠紫外発光LEDを開発:

« 米国産牛肉、6月にも輸入再開決定へ | トップページ | ヒトとチンパンジー、交雑を繰り返した後に分岐? »