« 三菱とNEC、量子暗号の共同実験 | トップページ | 気象庁、測候所を原則廃止の方針 »

2006年5月15日 (月)

国土地理院、東海地震想定域付近のゆっくり滑り、M7級エネルギーを放出

 これで、東海地震の危険性が減ってくれるのなら嬉しいのですが、ゆっくり滑り自体の研究がまだ始まったばかりのようで、大規模な地震との関連についてはこれからの研究テーマとのこと。

 また、南海地震想定区域で地震エネルギーが溜まっているそうです。。
●関連記事
東海地震想定域付近「ゆっくり滑り」でM7級エネルギー(2006年05月13日18時40分)(asahi.com:社会)
伊豆半島沖の多発地震は終息…静岡地方気象台が見解(2006年5月13日19時11分)(科学 : YOMIURI ONLINE)
南海地震「想定震源域」四国沖プレートに大きなひずみ(2006年5月15日14時50分)(科学 : YOMIURI ONLINE)
●関連URL
GSI HOME PAGE - 国土地理院

|

« 三菱とNEC、量子暗号の共同実験 | トップページ | 気象庁、測候所を原則廃止の方針 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/10076422

この記事へのトラックバック一覧です: 国土地理院、東海地震想定域付近のゆっくり滑り、M7級エネルギーを放出:

« 三菱とNEC、量子暗号の共同実験 | トップページ | 気象庁、測候所を原則廃止の方針 »