« 琵琶湖で熱帯肉食魚の無許可放流後が続く | トップページ | 佐渡トキ保護センター、トキの数が100羽へ »

2006年5月15日 (月)

カントウタンポポとセイヨウタンポポの雑種のクローンが関東の4割を占める

 造成地を中心に広く分布しているとのことで、春先の発芽に適した時期に発芽する能力を持つ日本のタンポポの特性とクローンを作る能力のある西洋タンポポの特性の両方を引き継いだ雑種が増えたとのこと。
●関連記事
関東のタンポポ、4割クローン…セイヨウ生き残り図る(2006年5月12日15時12分)(科学 : YOMIURI ONLINE)
●関連URL
農業環境技術研究所

|

« 琵琶湖で熱帯肉食魚の無許可放流後が続く | トップページ | 佐渡トキ保護センター、トキの数が100羽へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/10076412

この記事へのトラックバック一覧です: カントウタンポポとセイヨウタンポポの雑種のクローンが関東の4割を占める:

« 琵琶湖で熱帯肉食魚の無許可放流後が続く | トップページ | 佐渡トキ保護センター、トキの数が100羽へ »