« 松浦 晋也さんの、国際宇宙ステーション関係の記事 | トップページ | マンモス絶滅、原因は気候変動 »

2006年5月16日 (火)

新潟コシヒカリ、2005年度産から品種が変わっていた

 新潟コシヒカリって、新潟で取れる「コシヒカリ」じゃないの?現在の新潟コシヒカリは「コシヒカリBL」という品種とのこと。
 では新潟コシヒカリBLにすれば解決、なのに、新潟県とJA新潟はブランド名を変更することでのイメージ低下・販売下落を避けたいと言うことで従来の名称を使い続ける決断をしたとのこと。
 これって、品種偽装じゃなのかな?
 少なくてもこの記事を読んで新潟のお米は(少なくても2006年中は)購入対象外となるでしょうね。
# あと、味が劣るみたい。。(..;)
●関連記事
新潟コシヒカリ、品種変更したのに表示そのまま(2006年05月15日06時11分)(asahi.com:暮らし)
●関連URL
JA新潟中央会
新潟県ホームページ

|

« 松浦 晋也さんの、国際宇宙ステーション関係の記事 | トップページ | マンモス絶滅、原因は気候変動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/10093718

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟コシヒカリ、2005年度産から品種が変わっていた:

« 松浦 晋也さんの、国際宇宙ステーション関係の記事 | トップページ | マンモス絶滅、原因は気候変動 »