« 東京都、駅構内の商業施設を駅周辺の商店並みに課税へ | トップページ | マイクロソフト2006年04月の月例アップデート「MS06-013」「MS06-015」で不具合 »

2006年4月17日 (月)

岐阜県、カワウの卵にせっけん水で孵化率抑制

 「オイリング」と言われる抑制法とのことで、天然せっけん薄めてタマゴに散布し皮膜によってタマゴの呼吸を阻害させ孵化率を下げるとのことです。
 2006年01月の試験では孵化率の低下が確認されたとのことで、2007年01月より本格的に行う方針とのこと。
 外の地域では、偽のタマゴと入れ替えるとか、色々行われているようです。

 カワウって、昔は数が激減していたと聞いたのですが、今は逆に増えすぎているようですね、アユ釣りの有名なところではチアユを放流したそばから食べられてしまい、酷い状況とか。
なかなか上手く行かないものですね。
●関連記事
アユ被害防止、カワウの卵にせっけん水…繁殖抑制へ(2006年4月17日3時3分)(社会 : YOMIURI ONLINE)
カワウ:漁業被害食い止めに「追い払い作戦」 10都県(2006年4月18日 15時00分)(今日の話題:MSN毎日インタラクティブ)
●関連URL
ぎふポータル

|

« 東京都、駅構内の商業施設を駅周辺の商店並みに課税へ | トップページ | マイクロソフト2006年04月の月例アップデート「MS06-013」「MS06-015」で不具合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/9631148

この記事へのトラックバック一覧です: 岐阜県、カワウの卵にせっけん水で孵化率抑制:

« 東京都、駅構内の商業施設を駅周辺の商店並みに課税へ | トップページ | マイクロソフト2006年04月の月例アップデート「MS06-013」「MS06-015」で不具合 »