« 原発耐震検討:委員の過半数が業界団体委員 安全委分科会 | トップページ | ペルーのナスカ台地で新たな地上絵が訳100個発見される »

2006年4月21日 (金)

細胞が自分自身を食べるオートファジーは細胞内の異常タンパク質の分解の働きも

 細胞が栄養がないときに自分の細胞を食べるオートファジー(自食作用)があり、それは細胞の生き残るための行為以外に異常なタンパク質を分解し細胞内を綺麗にする作用もあるとのこと。
 オートファジーが上手く働かないと細胞が機能不全を起こして死んでしまうそうで、神経細胞の場合アルツハイマー病などの神経性疾患と同じ症状が出たとのこと。
●関連記事
神経性疾患:細胞の掃除できずに 都臨床医学総合研など(2006年4月20日 2時07分)(医療:MSN毎日インタラクティブ)
細胞「自食」は体のゴミ処理 国内2チームが証明(2006年04月20日)(asahi.com:サイエンス)
●関連URL
東京都臨床医学総合研究所

|

« 原発耐震検討:委員の過半数が業界団体委員 安全委分科会 | トップページ | ペルーのナスカ台地で新たな地上絵が訳100個発見される »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/9690937

この記事へのトラックバック一覧です: 細胞が自分自身を食べるオートファジーは細胞内の異常タンパク質の分解の働きも:

« 原発耐震検討:委員の過半数が業界団体委員 安全委分科会 | トップページ | ペルーのナスカ台地で新たな地上絵が訳100個発見される »