« 環境省、家電リサイクル料先払い品目を拡大の方針 | トップページ | 宮城産の巻き貝が米国の干潟で大量発生 »

2006年4月14日 (金)

JAXA、20年後に月面宇宙基地の構想

 月探査の衛生「セレーネ」の観測結果から10年以内に無人着陸機を月に送り込み月面観測を行う計画を具体化させていくそうです。
 金星などの他惑星の観測も検討しているそうです。
●関連記事
20年後に月面基地建設へ…宇宙機構が特別チーム(2006年4月12日20時8分)(科学 : YOMIURI ONLINE)
国産ロボット、月をめざせ 宇宙機構が探査検討チーム(2006年04月13日)(asahi.com:サイエンス)
●関連URL
独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)の18年度年度計画等について(4月12日 15:00)(宇宙航空研究開発機構|JAXA)

|

« 環境省、家電リサイクル料先払い品目を拡大の方針 | トップページ | 宮城産の巻き貝が米国の干潟で大量発生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/9583232

この記事へのトラックバック一覧です: JAXA、20年後に月面宇宙基地の構想:

« 環境省、家電リサイクル料先払い品目を拡大の方針 | トップページ | 宮城産の巻き貝が米国の干潟で大量発生 »