« 京大と早大が古代エジプトのビールを共同開発販売へ | トップページ | 日本脳神経外科学会で脳脊髄液減少症の初のシンポジウム開催へ »

2006年4月12日 (水)

広島市、原爆ドーム2045年までは現状保存

 被爆100年に当たる2045年までは現状保存を目指すそうです、ただ、老朽化や耐震補修でなかなか難しい模様、まさ、その後の保存方法についても大変そうですね。

 しかし、なんとしてでも残さないと行けないものですね。
●関連記事
原爆ドーム、2045年まで現状のまま保存 広島市方針(2006年04月10日21時38分)(asahi.com:社会)
防水工事で?敷地から基準33倍の鉛検出…原爆ドーム(2006年4月13日14時52分)(社会 : YOMIURI ONLINE)
●関連URL
広島市ホームページ
原爆ドーム

|

« 京大と早大が古代エジプトのビールを共同開発販売へ | トップページ | 日本脳神経外科学会で脳脊髄液減少症の初のシンポジウム開催へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/9546418

この記事へのトラックバック一覧です: 広島市、原爆ドーム2045年までは現状保存:

« 京大と早大が古代エジプトのビールを共同開発販売へ | トップページ | 日本脳神経外科学会で脳脊髄液減少症の初のシンポジウム開催へ »