« 国産ジェット戦闘機、三菱F-1引退へ | トップページ | 米国、1050年代に核実験の日本人への影響を極秘調査 »

2006年3月 9日 (木)

気象庁、日本近海の環境診断表をまとめる

 海面温度が100年辺りで約0.5度上昇しており、それに伴い、潮位も100年平均より6.7センチ高いとのこと。ただ、気象条件にも左右されるので、地球温暖化の影響とは断定できないようです。
 
 また、九州西部から日本海沿岸で浮遊ゴミが増加傾向とのこと、中国韓国でゴミの海洋投棄でもしているのでしょうか?
●関連記事
日本近海の浮遊ごみ、再び増加 気象庁が初の「診断」(2006年03月08日00時01分)(asahi.com:社会)
中国、環境汚染事故の多発期に突入、2カ月半で45件(2006年03月09日 00時00分)(nikkeibp.jp - 注目)
中国東北地域、水質汚染が深刻、将来の水不足懸念(2006年03月09日 00時00分)(nikkeibp.jp - 注目)
北京の河川78本のうち、56本の水質が基準以下(2006年03月09日 00時00分)(nikkeibp.jp - 注目)
●関連URL
海洋の健康診断表「総合診断表」の公表について(平成18年3月7日)(気象庁 Japan Meteorological Agency)

|

« 国産ジェット戦闘機、三菱F-1引退へ | トップページ | 米国、1050年代に核実験の日本人への影響を極秘調査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/9011295

この記事へのトラックバック一覧です: 気象庁、日本近海の環境診断表をまとめる:

« 国産ジェット戦闘機、三菱F-1引退へ | トップページ | 米国、1050年代に核実験の日本人への影響を極秘調査 »