« ココログの3月28日 ココログ改編について概要発表 | トップページ | 2006年03月20日で、地下鉄サリン事件から11年 »

2006年3月22日 (水)

救急医療の問題

 救急隊員が患者の重傷度を判定するのに限界があるとか、そんな問題。
理想としては、全ての症状を受け入れる救急病院があることなんでしょうけど。。

 今後、救急の要請時に問診で重要度を判定するようになるとおもいますが、誤判定問題とかでそうですね。

 MSN毎日新聞では、なんかまとまって記事を上げる傾向にありますね。
■追記
 重傷度が初期,2次,3次の全救急患者を一括して受け入れている慶応大病院で、過去のデータより救急隊員の判断と実際の症状を比較した結果を発表しました。
 特に外見では判断が付きにくい重症患者の判断が軽くなってしまい、手遅れになる可能性が高いことが判ったとのこと。
 
 ここでも、重傷度に関係なく一括して受け入れることが出来る救急病院の必要性が上げられています。
●関連記事
救えた命:救急医療を問う 泣く男児「重症でない」(2006年3月19日)(医療:MSN毎日インタラクティブ)
重症患者:救命救急センターに半数以上収容されず(2006年3月20日 3時00分)(医療:MSN毎日インタラクティブ)
重症患者:救急隊員に搬送先選択を委ねる体制の限界(2006年3月20日 3時00分)(医療:MSN毎日インタラクティブ)
救急医療:重症患者9000人が転送 実態10万人以上か(2006年3月19日 3時00分)(事件:MSN毎日インタラクティブ)
救急隊員:重症判断に限界 慶応大調査「適正」は2割(2006年3月22日 21時53分)(医療:MSN毎日インタラクティブ)

|

« ココログの3月28日 ココログ改編について概要発表 | トップページ | 2006年03月20日で、地下鉄サリン事件から11年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/9201080

この記事へのトラックバック一覧です: 救急医療の問題:

» AEDって [STUDIO YOSHIHARA]
上級救命講習会(救急手当て、けが人や急病人対処)を受けてきました。 傷病者を救 [続きを読む]

受信: 2006年3月23日 (木) 15時21分

« ココログの3月28日 ココログ改編について概要発表 | トップページ | 2006年03月20日で、地下鉄サリン事件から11年 »