« 米国、1050年代に核実験の日本人への影響を極秘調査 | トップページ | コーヒー、カフェインの分解能力の低い人は心筋梗塞の危険 »

2006年3月 9日 (木)

親知らずから、肝細胞を分化、移植の元に利用へ

 親知らずの歯胚から、肝細胞を分化することに成功したとのこと。で、この肝細胞から色々な細胞への成長に成功できたとのこと。
 受精卵から生成されるES細胞に比べると、生成する難易度が非常に低いらしいです。
●関連記事
親知らず:細胞分化し骨・肝臓・神経に 再生医療に利用へ--産業総合研と阪大(2006年3月8日)(科学:MSN毎日インタラクティブ)
●関連URL
たった一個の歯の細胞から骨、肝臓の再生に成功(3月7日)(産業技術総合研究所:プレスリリース)

|

« 米国、1050年代に核実験の日本人への影響を極秘調査 | トップページ | コーヒー、カフェインの分解能力の低い人は心筋梗塞の危険 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/9011315

この記事へのトラックバック一覧です: 親知らずから、肝細胞を分化、移植の元に利用へ:

« 米国、1050年代に核実験の日本人への影響を極秘調査 | トップページ | コーヒー、カフェインの分解能力の低い人は心筋梗塞の危険 »