« Google Desktop 3英語版が正式版に | トップページ | RFIDタグにもウイルス? »

2006年3月17日 (金)

運用方法が不透明だったNシステムの自動車ナンバーデータ、Winnyで大量流出?

 相も変わらずWinnyでの情報流出が止まりませんが、その中で本来は存在しないはずのデータが流出しました。
 警察庁が管理して、複数箇所でクルマのナンバーを自動で記録し、クルマの追跡を可能とするシステムですが、その時取得されたデータは、「アクセスする者を制限し、一定期間保存した後に消去される」であるはずなのですが、何故か愛知県警の一捜査員がデータを自PCに保存していました。
プライバシーの問題もあるこのシステム、結局、警察の都合の良いように運用されているのかな?はぁ
●関連記事
自動車のナンバー大量に流出か 愛媛県警の捜査資料(2006年03月16日16時12分)(asahi.com:社会)
愛媛県警:Nシステム情報流出か 車10万台ナンバー(2006年3月16日 3時00分)(今日の話題:MSN毎日インタラクティブ)
●関連URL
愛媛県警察ホームページ
・捜査資料のネットワーク上への流出についてのお詫び(PDF 9KB)(2006/03/16)
 http://www.police.pref.ehime.jp/soumu/owabi.pdf

|

« Google Desktop 3英語版が正式版に | トップページ | RFIDタグにもウイルス? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/9127774

この記事へのトラックバック一覧です: 運用方法が不透明だったNシステムの自動車ナンバーデータ、Winnyで大量流出?:

» Nシステム(愛知県警)自動車ナンバーデータ情報流出 [ブログで情報収集!Blog-Headline]
「Nシステム(愛知県警)自動車ナンバーデータ情報流出」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み... [続きを読む]

受信: 2006年3月17日 (金) 23時28分

« Google Desktop 3英語版が正式版に | トップページ | RFIDタグにもウイルス? »