« JR東日本、東海道線から113系が本日引退 | トップページ | NASA、宇宙の生まれた直後の振る舞いの「宇宙のインフレーション理論」の証拠を観測確認 »

2006年3月18日 (土)

JAXA、M-Vロケットを2006年夏のM-V 7号機で引退、新型の開発へ

 2006年夏に打上予定の M-V 7号機(衛星は太陽観測衛星「SOLAR-B」)を最後にM-Vロケットは引退するそうです。
 今後、ロケットの打上費用のコストダウンを目指した新規開発または現行品の改良を検討しているとのこと。
 
 H-IIAの固体ロケットブースタを第1段エンジンに使う検討もされているようです(推力不足だそうな)、個人的には、H-IIAの個体ロケットブースタにも使用できる第1段エンジンの新規開発が嬉しいかな。
●関連記事
JAXA:M5ロケット廃止へ 「新型」開発も(2006年3月17日 3時00分)(科学:MSN毎日インタラクティブ)
●関連URL
M-V(ミュー・ファイブ)ロケット(宇宙航空研究開発機構|JAXA)
太陽観測衛星「SOLAR-B」(宇宙航空研究開発機構|JAXA)

|

« JR東日本、東海道線から113系が本日引退 | トップページ | NASA、宇宙の生まれた直後の振る舞いの「宇宙のインフレーション理論」の証拠を観測確認 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/9142501

この記事へのトラックバック一覧です: JAXA、M-Vロケットを2006年夏のM-V 7号機で引退、新型の開発へ:

« JR東日本、東海道線から113系が本日引退 | トップページ | NASA、宇宙の生まれた直後の振る舞いの「宇宙のインフレーション理論」の証拠を観測確認 »