« 太陽の活動期2007年後半から? | トップページ | 読売新聞の記事、チェルノブイリ原発事故から20年 »

2006年3月 8日 (水)

遺失物法が50年ぶりに法改正

 現在の事情に合わせた改正が行われるそうです。
 携帯やキャッシュカードを拾った人へ渡さない、犬猫などは遺失物の対象外、傘や衣類など返却率が低い物の保管期間を短縮。など。
●関連記事
遺失物保管3か月に、携帯は拾得者に渡さず…改正法案(2006年3月7日13時54分)(社会 : YOMIURI ONLINE)

|

« 太陽の活動期2007年後半から? | トップページ | 読売新聞の記事、チェルノブイリ原発事故から20年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/8996954

この記事へのトラックバック一覧です: 遺失物法が50年ぶりに法改正:

« 太陽の活動期2007年後半から? | トップページ | 読売新聞の記事、チェルノブイリ原発事故から20年 »