« NASA、火星無人探査機マーズ・リコネサンス・オービターの火星表面画像を公開 | トップページ | ESAで、重力の生成に成功? »

2006年3月27日 (月)

20万光年の近い場所で銀河のタマゴを発見

 名古屋大学天体物理学研究室のグループが、南米チリにある電波望遠鏡での観測で見つけたとのこと。
●関連記事
近くに「銀河の卵」、20万光年の大小マゼラン雲付近(2006年03月25日)(asahi.com:サイエンス)
●関連URL
http://www.a.phys.nagoya-u.ac.jp/index-j.html(A研)(名古屋大学 天体物理学研究室)

|

« NASA、火星無人探査機マーズ・リコネサンス・オービターの火星表面画像を公開 | トップページ | ESAで、重力の生成に成功? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/9278492

この記事へのトラックバック一覧です: 20万光年の近い場所で銀河のタマゴを発見:

« NASA、火星無人探査機マーズ・リコネサンス・オービターの火星表面画像を公開 | トップページ | ESAで、重力の生成に成功? »