« 遺失物法が50年ぶりに法改正 | トップページ | 気持ちを認識して光る花「言花」 »

2006年3月 8日 (水)

読売新聞の記事、チェルノブイリ原発事故から20年

 原子力関係で、放射能を人類が処理する能力を持たず、ひたすら半減期を待つしかないというのが一番の問題ですね。
 それが何とかならない内は、正直、原子力発電は賛成できないです。。
●関連記事
チェルノブイリ事故20年、放射線なお許容の90倍(2006年3月7日14時5分)(科学 : YOMIURI ONLINE)

|

« 遺失物法が50年ぶりに法改正 | トップページ | 気持ちを認識して光る花「言花」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/8996975

この記事へのトラックバック一覧です: 読売新聞の記事、チェルノブイリ原発事故から20年:

« 遺失物法が50年ぶりに法改正 | トップページ | 気持ちを認識して光る花「言花」 »