« 小笠原固有カタツムリ、外来のプラナリアで絶滅の危機 | トップページ | 低用量ピル、処方前検査を簡素化の方針 »

2006年2月 5日 (日)

川崎市、多摩川河口付近に絶滅危惧種アサクサノリ自生地を観察

 東京湾では絶滅していたのではないかと思われていたのですが、自生地が見つかったとこと。
 この付近は、羽田空港の拡張や川崎方面への道路の増設など検討されています。
 アサクサノリへの影響がないように考慮した物になってほしいですね。
●関連記事
アサクサノリ自生地を観察/川崎(2006/02/04 18:45:58)(カナロコローカルニュース)
絶滅危惧種アサクサノリの自生群落、東京湾で見つかる()(社会 : YOMIURI ONLINE)

|

« 小笠原固有カタツムリ、外来のプラナリアで絶滅の危機 | トップページ | 低用量ピル、処方前検査を簡素化の方針 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/8519132

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎市、多摩川河口付近に絶滅危惧種アサクサノリ自生地を観察:

« 小笠原固有カタツムリ、外来のプラナリアで絶滅の危機 | トップページ | 低用量ピル、処方前検査を簡素化の方針 »