« 中華街、大型広告ビジョンで景観論争がつづく | トップページ | ACCS個人情報流出事件、完全終結・・? »

2006年2月 7日 (火)

米、国際的な核燃料民生用リサイクル構想

 結局の所、核兵器を作る材料・技術を自国内で管理したいのが主なきがします。
●関連記事
核燃料の民生用リサイクル、米が国際的枠組み構想( 2006年2月6日14時38分)(国際 : YOMIURI ONLINE)
米原子力政策、再処理路線に転換 核不拡散へ新技術(2006年02月07日11時59分)(asahi.com:国際)
再処理や高速炉研究で協力 米原発政策で日本提案(02/08 08:41)(Sankei Web 社会)

|

« 中華街、大型広告ビジョンで景観論争がつづく | トップページ | ACCS個人情報流出事件、完全終結・・? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/8544991

この記事へのトラックバック一覧です: 米、国際的な核燃料民生用リサイクル構想:

« 中華街、大型広告ビジョンで景観論争がつづく | トップページ | ACCS個人情報流出事件、完全終結・・? »