« キヤノンEOS 30D、2006年3月中旬発売へ | トップページ | H-IIA、M-Vロケット連続成功 »

2006年2月24日 (金)

ニホンウナギの産卵場所は、マリアナ諸島

 産卵場所が特定されたことで、完全養殖のための環境作りに向けて大きな情報が手にはいることになりますね。
●関連記事
ニホンウナギ 生まれはマリアナ諸島(02/23 08:31)(Sankei Web 社会)
ウナギの産卵場はグアム沖 東大教授ら、幼生捕獲に成功(2006年02月23日08時26分)(asahi.com:社会)
ウナギの出身地はマリアナ沖…東大グループが解明(2006年2月23日3時1分)(科学 : YOMIURI ONLINE)
ニホンウナギ:産卵場所はマリアナ海域 東大海洋研が特定(2006年2月23日 3時00分)(今日の話題:MSN毎日インタラクティブ)
●関連URL
行動生態研究室(東京大学 海洋研究所 海洋生命科学部門 行動生態計測分野)

|

« キヤノンEOS 30D、2006年3月中旬発売へ | トップページ | H-IIA、M-Vロケット連続成功 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/8814152

この記事へのトラックバック一覧です: ニホンウナギの産卵場所は、マリアナ諸島:

» ウナギの産卵場 [七五白書 (しらけないために)]
「石麻呂にわれもの申す夏やせに よしといふものぞ 鰻(むなぎ)とり召せ」。万葉集には歌人の大伴家持が知人に夏やせにいいと勧める歌があり、土用の丑の日に食べる習慣はこの歌がもとになったという説もあるそうです。  このように、日本人とウナギの付き合いは古いようですが、身近な割にその生態は不可思議で謎の部分が多く、「「山芋変じてウナギとなる」、といわれたり、古代ギリシャ人も考えをめぐらせ、アリストテレスは「泥�... [続きを読む]

受信: 2006年3月 6日 (月) 15時22分

« キヤノンEOS 30D、2006年3月中旬発売へ | トップページ | H-IIA、M-Vロケット連続成功 »