« 西洋タンポポ、近畿圏の都市部に蔓延 | トップページ | 国産の次世代型補助人工心臓「エバハート」 »

2006年2月 8日 (水)

ニジマスの精子の元になる細胞から卵細胞

 魚類だけですが、雄と近隣の種さえ生き延びていれば種の保存が可能になるとのこと。
 同じ方法で、雌の卵子になる元の精原幹細胞は、精子に成るのでしょうか?
●関連記事
ニジマス:精子のもとから卵子ができた!オスだけで十分?(2006年2月7日 7時00分)(科学:MSN毎日インタラクティブ)
精子の細胞卵にも育つ 東京海洋大、ニジマスで実験(2006年02月07日08時23分)(asahi.com:サイエンス)
絶滅危惧種、保存に光明 精子の幹細胞が卵子に ニジマス雄→雌、移植で実証(02/07 09:31)(Sankei Web 社会)
●関連URL
東京海洋大学 海洋生物資源学
東京海洋大学 吉崎研究室

|

« 西洋タンポポ、近畿圏の都市部に蔓延 | トップページ | 国産の次世代型補助人工心臓「エバハート」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/8560272

この記事へのトラックバック一覧です: ニジマスの精子の元になる細胞から卵細胞:

« 西洋タンポポ、近畿圏の都市部に蔓延 | トップページ | 国産の次世代型補助人工心臓「エバハート」 »