« 台湾からDNA加工された違法メダカが輸入 | トップページ | 川崎市、多摩川河口付近に絶滅危惧種アサクサノリ自生地を観察 »

2006年2月 5日 (日)

小笠原固有カタツムリ、外来のプラナリアで絶滅の危機

 既に進入してしまった父島では壊滅的被害が出ているそうです。植物・土に付着して進入するので、他の島への拡大を防ぐのが急務となっているとのこと。
 外国の植物なんか園芸でドンドン庭先に植えていますが・・正直、環境破壊ではないのかなぁ。。
●関連記事
外来種が上陸、小笠原固有のカタツムリが絶滅の危機(2006年2月3日14時5分)(科学 : YOMIURI ONLINE)
●関連URL
小笠原のカタツムリを滅ぼす侵入者-ニューギニアヤリガタリクウズムシの脅威が明らかに-(2/1)(独立行政法人 森林総合研究所)

|

« 台湾からDNA加工された違法メダカが輸入 | トップページ | 川崎市、多摩川河口付近に絶滅危惧種アサクサノリ自生地を観察 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/8519041

この記事へのトラックバック一覧です: 小笠原固有カタツムリ、外来のプラナリアで絶滅の危機:

« 台湾からDNA加工された違法メダカが輸入 | トップページ | 川崎市、多摩川河口付近に絶滅危惧種アサクサノリ自生地を観察 »