« 経済産業省、人間生活技術戦略2006を公表 | トップページ | 小児科医向け、虐待見抜く手引書 »

2006年2月 5日 (日)

JALのジャンボ機墜落事故の残存部品の展示施設、公開対象で混迷

 日本航空(JAL)は御巣鷹で墜落したジャンボ機の残存部品を含む展示施設を公開する対象を、一般の人を除外したい考えを持っているそうです。
 しかし、日航の外部諮問機関「安全アドバイザリーグループ」は一般公開はをする事を提言。遺族団体「8・12連絡会」も会社側の過去の嫌な記憶を隠しておきたい姿勢に苦言を呈しています。

 新設される「新設安全啓発センター」は誰でも何時でも自由に見ることが出来る開かれた施設と成ることを期待しています。また、安全に対して真摯に向き合っているのかJALの考えも見ることが出来ると思います。
●関連記事
一般公開?関係者だけ?…御巣鷹のジャンボ機大揺れ(2006年2月2日15時43分)(社会 : YOMIURI ONLINE)
●関連URL
JAL-航空券 予約・空席照会・運賃案内-(日本航空)
●関連blog
1985年墜落した日航123便の残骸を2006年04月より一般公開へ(2006年1月29日 (日) 22時59分)(秋沙のココログ既知ログ)

|

« 経済産業省、人間生活技術戦略2006を公表 | トップページ | 小児科医向け、虐待見抜く手引書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/8520080

この記事へのトラックバック一覧です: JALのジャンボ機墜落事故の残存部品の展示施設、公開対象で混迷:

« 経済産業省、人間生活技術戦略2006を公表 | トップページ | 小児科医向け、虐待見抜く手引書 »