« 日本語版Gmailでも差出人アドレスの変更対応へ | トップページ | 日本大学、花粉症即効性がある「つくし飴」を開発 »

2006年2月 7日 (火)

日立、世界最小チップICチップ開発、次世代の偽札防止技術?

 印刷技術では、偽札を防ぐのが難しくなってきましたが、ICチップを含ませることで偽造防止が期待できるのでは?
と言うことらしいです。
 お札に利用するのは難しいかもしれませんが、案外高額な硬貨が出てくるかも・・
 他にも色々使い道がありそうですね。
●関連記事
0・15ミリ角、世界最小チップを開発…偽札防止に力(2006年2月6日4時36分)(科学 : YOMIURI ONLINE)
0.15ミリ角の世界最小ICチップ、日立が開発(2006年02月06日)(asahi.com: サイエンス)
ICタグ価格破壊 日立が世界最小チップ(2006/02/06 11:23)(CNET Japan)
●関連URL
世界最小、最薄となる0.15mm角、厚さ7.5µmの非接触型ICチップの動作に成功(2006年2月6日)(HITACHI : ニュースリリース)

|

« 日本語版Gmailでも差出人アドレスの変更対応へ | トップページ | 日本大学、花粉症即効性がある「つくし飴」を開発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/8544868

この記事へのトラックバック一覧です: 日立、世界最小チップICチップ開発、次世代の偽札防止技術?:

« 日本語版Gmailでも差出人アドレスの変更対応へ | トップページ | 日本大学、花粉症即効性がある「つくし飴」を開発 »