« テムザックなど、世界最小のロボットハンドを開発 | トップページ | 法務省、入国審査で指紋採取の入管難民法改正案 »

2006年1月12日 (木)

脱法ドラッグ「RUSH」を防臭剤として輸入した業者を告発へ

 厚生労働省は、一部の若者で流行している、いわゆる気分が良くなる薬を防臭剤として輸入して販売しようとしている業者を刑事告発するとのこと。
 このRUSHは、亜硝酸エステル類の影響?で血管が拡張され気分が高揚する効果がある反面、急激な血圧低下を招く恐れがありとても危険です。米国から輸入したそうですがその米国でも製造販売が禁止されている薬物です。

 現在は、麻薬に指定されていないということで防臭剤・芳香剤として輸入できてしまうそうです、薬事法の改正を行う方針・・
●関連記事
脱法ドラッグ「RUSH」輸入元を告発へ(2006年1月11日3時0分)(社会 : YOMIURI ONLINE)
脱法ドラッグ、初の刑事罰適用へ協議 厚労省・警視庁(2006年01月11日10時30分)(asahi.com:社会)
脱法ドラッグ、刑事罰適用を検討 厚労省・警視庁(2006年01月11日12時36分)(asahi.com:社会)
●関連URL
厚生労働省

|

« テムザックなど、世界最小のロボットハンドを開発 | トップページ | 法務省、入国審査で指紋採取の入管難民法改正案 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/8122264

この記事へのトラックバック一覧です: 脱法ドラッグ「RUSH」を防臭剤として輸入した業者を告発へ:

« テムザックなど、世界最小のロボットハンドを開発 | トップページ | 法務省、入国審査で指紋採取の入管難民法改正案 »