« コハクチョウが南の島、小笠原母島にバカンス | トップページ | 警察庁、DNA型データベースを国際共有化 »

2006年1月22日 (日)

火星クレーターに初めて日本人名

 故・佐伯恒夫さんの名前「Saheki」が火星のクレーターの一つに命名されることが内定したそうです。天安下のは佐藤健さん。
 故・佐伯恒夫さんは火星観測で実勢の残された方で、佐藤健さんはその教え子だそうです。
●関連記事
火星クレーターに初の日本人名 大阪のアマ天文家(2006年01月21日19時22分)(asahi.com 社会)
●関連URL
IAU :International Astronomical Union(国際天文学連合)

|

« コハクチョウが南の島、小笠原母島にバカンス | トップページ | 警察庁、DNA型データベースを国際共有化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/8280545

この記事へのトラックバック一覧です: 火星クレーターに初めて日本人名:

« コハクチョウが南の島、小笠原母島にバカンス | トップページ | 警察庁、DNA型データベースを国際共有化 »