« 温暖化研究発表で、NASAから圧力 | トップページ | 耳あか、乾型か湿型かは遺伝子次第? »

2006年1月31日 (火)

沖縄県の石西礁湖、サンゴ再生へ養殖サンゴ移植作戦開始

 サンゴの産卵期に着床具という人工のサンゴのタマゴが着床しやすいセラミックを用意して、そこに繁殖したサンゴを移植しようと言うもの。
 従来の自然のサンゴの一部を切り取って移植するよりも大規模に行え,自然のサンゴを傷つけなくても良いメリットがあります。素晴らしい。
●関連記事
サンゴ再生へ移植作戦開始 沖縄県の石西礁湖で()01/30 09:15(Sankei Web 社会)
さんご礁1平方キロ7000万円 観光や漁業への貢献を試算(01/30 19:28)(Sankei Web 国際)
●関連URL
石西礁湖自然再生事業

|

« 温暖化研究発表で、NASAから圧力 | トップページ | 耳あか、乾型か湿型かは遺伝子次第? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/8429068

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄県の石西礁湖、サンゴ再生へ養殖サンゴ移植作戦開始:

« 温暖化研究発表で、NASAから圧力 | トップページ | 耳あか、乾型か湿型かは遺伝子次第? »