« 三井住友銀行、2月20日よりワンタイムパスワードサービス提供へ | トップページ | 商品の過剰な警告ラベルは必要? »

2006年1月16日 (月)

国立台湾大学が緑に光る「蛍光ブタ」開発成功

 内蔵などほとんどの体に蛍光物質を持っていて光るそうで・・個人的にはやり過ぎな印象が有ります。
 なお、台湾のタイコン社がクラゲのDNAをゼブラフィッシュに組み込んで光る熱帯魚として販売しているそうです。
●関連記事
緑に光る「蛍光ブタ」 台湾大が成功(2006.01.13 14:22 JST)(CNN.co.jp : サイエンス)

|

« 三井住友銀行、2月20日よりワンタイムパスワードサービス提供へ | トップページ | 商品の過剰な警告ラベルは必要? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/8182011

この記事へのトラックバック一覧です: 国立台湾大学が緑に光る「蛍光ブタ」開発成功:

« 三井住友銀行、2月20日よりワンタイムパスワードサービス提供へ | トップページ | 商品の過剰な警告ラベルは必要? »