« みなみまぐろ保存委員会、ミナミマグロの漁獲量を半分へ | トップページ | 米国製の無人偵察機、07年度から配備…防衛長官 »

2006年1月13日 (金)

国立感染症研究所、大都市圏での新型インフルエンザの広がりと通勤電車の関係をシミュレーション

 通勤電車の車内は多数の人が一定時間狭い車内に閉じこめられるので感染を広げる原因となる可能性が高いとのこと。
 現実問題として、新型インフルエンザが流行したから電車を止めるというわけにはいかないでしょうけど、窓を開放して空気の入れ換えを積極的に行うとか、時差出勤を協力に推進するとか。。かな?
●関連記事
新型インフルエンザ:通勤電車停止で患者3割減 80万人都市で想定--東大・感染研(2006年1月11日)(話題:MSN毎日インタラクティブ)
新型インフルエンザ対策で東京会議、指針作成へ(2006年1月12日10時33分)(科学 : YOMIURI ONLINE)
●関連URL
東京大生産技術研究所
国立感染症研究所

|

« みなみまぐろ保存委員会、ミナミマグロの漁獲量を半分へ | トップページ | 米国製の無人偵察機、07年度から配備…防衛長官 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/8136646

この記事へのトラックバック一覧です: 国立感染症研究所、大都市圏での新型インフルエンザの広がりと通勤電車の関係をシミュレーション:

« みなみまぐろ保存委員会、ミナミマグロの漁獲量を半分へ | トップページ | 米国製の無人偵察機、07年度から配備…防衛長官 »