« FC EXPO 2006 | トップページ | 2月3日にワーム被害が大発生かも? »

2006年1月30日 (月)

悪意のあるソフトウェアに対抗するプロジェクト

 米国の大学とGoogleやLenovo,Sunが協力して、スパイウェアやマルウェアなどのソフトウェア情報を収集・提供していくプロジェクトが始まったとのこと。
 日本では、JVN当たりが対応してくれると良いなぁ。
●関連記事
“バッドウェア”に立ち向かうプロジェクト(2006年01月25日 18時54分)(ITmedia エンタープライズ)
“悪ウェア”を取り締まれ! 米大学が“防犯団”、GoogleやSunも協力 (2006/01/27 18:08)(Impress INTERNET Watch)
●関連URL
Spyware Companies Beware: New Consumer Protection Initiative to Combat Spyware and Other "Badware"(News from StopBadware.org)(英語)
JP Vendor Status Notes

|

« FC EXPO 2006 | トップページ | 2月3日にワーム被害が大発生かも? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/8409735

この記事へのトラックバック一覧です: 悪意のあるソフトウェアに対抗するプロジェクト:

« FC EXPO 2006 | トップページ | 2月3日にワーム被害が大発生かも? »